基礎・上級理論・指導者養成コース受講者の声

第11期基礎理論卒業生   Y・Oさん   50歳代 

基礎理論講座の受講は今回が2回目になります。

最初は14年前です。もう一度受講しようと思ったきっかけはひとつの劣等感からでした。
 合宿などでこれまで受講された方々の達成感と喜びに満ちた姿に触れるたび「私はどれだけのことを理解し、身に付けたのだろう」と落ち込むことがありました。ヨガが好きで一度もやめようと思うことなく30年近く経ちましたが、ただ年数を重ねてきただけではないだろうか、と思い、心からもう一度学びたいと思ったのです。
 授業はわかりやすく、高橋先生のおもしろい一面も垣間見ることができて毎回楽しかったです。用語はほとんど忘れていましたが、概念として残っており理解を深めることができたと思います。
「慈悲喜捨の思念」のくだりは、私がこれまで人との関わりあいの中で心がけてきたことと同じ内容であることに驚きました。が、心がけるきっかけとなった礎が14年前の講座にあったことに思い至った時、今日までその教えを守ってきた自分にいとおしささえ感じ、当初の劣等感から解放されたのです。

 改めてヨガは実践哲学であると思いました。「からだのしくみ」は学び進むにつれ、私たちのからだが驚異の世界とも奇跡の産物ともいえるものであることを知り「何故にこのようにして生まれて来られたのか…」を思う時、人智を超えた大いなる存在を感ぜずにはいられませんでした。
これから更に上級で学びを深め、学んだことを何らかの形で還元できるところまで心とからだに定着させていきたいと思います。
最後に、3ヶ月間共に学んだ仲間たちに心からありがとうと言いたいです。
期せずして机を並べることになった縁を大切に末永いお付き合いをさせて頂けたらうれしいです。