基礎・上級理論・指導者養成コース受講者の声

第6期卒業生 T・Yさん

基礎理論・上級理論・指導者養成講座のご指導ありがとうございました。 この8ヶ月は長くもあり、短くもあり、あっという間に過ぎ去ってしまったという充実感でいっぱいです。全講座を終了した現在、受講して本当に良かったと心から思います。

 

昨年秋の合宿に参加したことがきっかけで、より深く理論的なことから学びたいなと単純に思いました。また同じ班の先輩方に「ぜひに!」と受講を勧め てもらったことも背中を押してくれました。アーサナのクラスも通い始めたばかりで不安な気持ちもありましたが、だからこそあまり先入観なく吸収できるので はないかとまずは基礎から参加することにしました。基礎理論を修了するとそこで終わるのがもったいない気がして、上級理論もさらには指導者をめざすというよりは自分でアーサナを行う姿勢をもっと深めたいという思いから指導者養成講座まで進むことにしました。

 

毎回の授業では「ヨガって深い!」と常に感動していました。 呼吸を整えること・コントロールすることが精神の安定をもたらすこともその一つです。さらに呼吸を停止するクンバカを行うことにより、おなじ側頭葉の先端に位置する自我意識の中枢も停止することが可能であることも生理学的メカニズムにも及んでおり興奮しました。またそれまでは自分は大病も患っていないので まあまあ健康であろうと思いこんでいましたが、「完全な健康とは何ぞや」を学び、自分が不健康であるということを痛感させられました。ストレスや食生活が乱れるとすぐ肌荒れを起こしていたし、何か行動を起こすのも明日でいいか、と先延ばしにしていました。こういった無気力や怠惰が身体的・精神的に不調和を 起こし、疾患へとつながっていくということが古くから考えられていたヨガは改めてすごいと思います。