チャクラ・タントラについて

チャクラとは

チャクラ Chakra とはエネルギーの回転する渦のことで、「気」「プラーナ」「宇宙に偏在する生命エネルギー」の力と精神の中枢であり、身体(肉体)と心(精神)の接点のことです。

自分の身体から他人の身体あるいは他の事物へとエネルギーが送られるときの連結点として位置付けられます。チャクラは人間の背骨の中(脊柱)に存在し、その位置は下から尾底骨、丹田、へそ、心臓、のど、眉間、 頭頂(百会)の7個所にあると言われています。

チャクラとは
サハスララ 頭頂(百会)に位置し、人間の心身の全体をコントロールする自分の内なる
仏性を高める
松果体のホルモンに対応
アジナ 眉間に位置する「第3の目」と呼ばれ、全身の知的機能をコントロールし、
感覚・直観力を高める
下垂体のホルモンに対応
ヴィシュダ のどに位置し、毒素を浄化するチャクラ
他人の想念の振動を受信できるようになる
甲状腺のホルモンに対応

アナハタ

心臓に位置し、自分の意志するもの、願望を成就
胸腺のホルモンに対応

マニピュラ

へそに位置し、感情をコントロールするチャクラ
膵臓のホルモンに対応スワディスタナ

スワディスタナ

丹田に位置し、人格を形成するチャクラ
生命誕生以後の無意識を支配・精腺ホルモンに対応


ムーラダーラ

尾底骨に位置し、動物的本能と情熱のチャクラ
生命誕生以前の無意識を支配・副腎ホルモンに対応

チャクラの開発によるメリット

蓮

若々しさ・・・

血液・体液・気の流れを良くし、すみずみまで活性化させる。
ホルモン中枢に刺激を与え、内分泌のバランスを調えて、若々しさを保つ。

蓮

疲労回復・・・

体液の流れをスムーズにし、疲労物質を速やかに取り除く。
1ヶ月分の疲れが芯から取れる。

体調の維持が可能

蓮

プラス思考・・・

小さなことにこだわらなくなり、性格がおおらかに、明るくなる。

蓮

物事に動じない強くてしなやかな精神力・・・

情緒が安定し、感情をコントロールできるようになる。
自分に自信が持てる。

蓮

自分の内側に広がっていく幸福感・・・

内面から感謝の気持ちが湧き起こり、慈愛のエネルギーに包まれる。
宇宙のエネルギーと調和を保って生きることの素晴らしさを体感する。

チャクラ冥想講座ページへ

タントラとは

高橋ヨガ研究所では、タントラという行法を取組んでいます。
タントラって何?とお思いの方、既に知っている方、当研究所の取組みをコチラからご覧下さい。

タントラとは自分の中の本当の自分(自己)というものの存在に目を向けて、私たちがこの世、この宇宙に存在する意味や人間として生きる価値に目覚めさせ、与えられた環境のなかで、より強く、豊かに、やさしさに満ちて生きていくための行法です。人間が本来持っている肉体的・精神的な力を引きだして、 様ざまな環境に適応できる柔軟な心身をつくりだすタントラは、チャクラという精神中枢を活性化させながら、人間存在の本能的な低次元のエネルギーを、より精神性の高い高次元のエネルギーに昇華させます。

タントラ

机上の空論ではなく、理論と実践(浄化法や体位法、呼吸法、瞑想、冥想)をふまえて、自分の身体と心で感受・感得していく実践哲学です。このタントラヨガは、私達が日頃どこの教室でも行なっている体操的なヨガ(ハタヨガ)を完成させるために存在し、身体と心のエネルギーを最大限に発揮させながら、とらわれのない自由な心に近づけていこうとするものです。