高橋ヨガ研究所のブログ

鼻うがい ジャラ・ネーティ

朝夕の気温差や冷たい風で体調を崩しがちな季節。

風邪をひいている人やアレルギーで苦しんでいる人も多いようです。

ヨガの中には、身体の内側を直接洗浄する浄化法があり、予防しながら鍛えていくのが目的。

鼻を塩水で洗浄・浄化する「ジャラ・ネーティ」という浄化法で、誰にでも簡単で手軽にできる風邪・鼻炎・アレルギー・ボケ予防法です。

(自己流で行うと耳の方に入る恐れがあるので、指導者の指示を仰ぎましょう)

塩水というとすぐに思い出すのは、鼻から水が入ってとても痛かった経験があるプールの真水か、海水浴の濃い塩水。しかしこの2つは濃度が極端に低いのと高いので痛みが出るけれど、体液に近い食塩水(生理食塩水)だと、全く痛みがないから不思議。

鼻の通りはもちろんのこと、頭がスッキリとし、初めて体験した人は、「東大に受かるかも」と言ったくらいの爽快さです。

鼻は脳に近いこともあり、鼻が詰まると口呼吸となり免疫力が低下します。

この時期から始めて、インフルエンザを予防し、来春の花粉の季節を楽に乗り切りましょう。