高橋ヨガ研究所のブログ

疲れを速やかにとり除くヨガの大きな効果

乗り物に乗る機会も、歩く機会も大幅に増えるこの季節に注意が必要なのが、腰と膝の痛みです。

長時間同じ姿勢で座っていると、腰の筋肉が伸びきり、又は緊張して委縮し、疲労して腰を支える力が無くなり、元のリラックスした状態に戻れなくなってしまいます。

寝ているときも腰痛や身体の痛みを緩和するために、無意識に寝返りを打つように、また、寝たきりの人も2時間おきに体位を変えるように、同じ姿勢で居続けることのデメリットは計り知れないくらい大きいのです。

血液と体液が滞り、栄養素や酸素を身体の細部にまで届けることが出来なくなるとともに、細胞から不純物を受け取って浄化する力がなくなると、身体はどんどん衰えていってしまいます。

ヨガには疲れを速やかにとり除くという大きな効果があります。

自律神経の働きを調えることで、無意識に行われている生体の機能を高めてくれるのです。

無理をせずに、穏やかな一定の安定したリズムの呼吸を感じながら、心地良く身体を動かすことで、筋肉にたまった疲労物質の乳酸がいち早く抜けていくのです。

膝も同様に、身体を支える太腿の特に前の大腿四頭筋の筋力が低下すると、膝を支えきれなくなって膝の痛みが起きてきます。

ヨガで筋力を高め、一生使い続ける大切な身体をメンテナンスしていきましょう。