高橋ヨガ研究所

TEL:06-6320-5655

お問い合わせはこちら

高橋ヨガ研究所のブログ

低気圧の時こそ、ヨガで体調管理を

日本独特の高温多湿の梅雨時は、体調を崩し易い時期の一つ。それは低気圧がもたらす身体への影響が一因です。自然界のシステムは絶妙なバランスで維持されていますが、気圧が低下すると身体に掛かる圧力が低下して、身体が大気を押し返す力が優勢になってくるため、身体の中の一つ一つの細胞が膨張ぎみになってきます。(深海魚を船に揚げると、膨張して目や内臓が飛び出してくるのと同じ原理)

それゆえ、血液の流れが悪くなり、「むくみ」が出易くなってくるのです。

また気温の変化に自律神経が適応できないと、冷え、のぼせ、めまい、偏頭痛、睡眠障害などを引き起こします。

続きを読む...

ヨガの呼吸法で自律神経失調症の予防と改善を

自分の意志とは関係なくひと時も休むことなく働き、私たちの生命の営みの大黒柱ともいえる自律神経は、環境の変化にいち早く適応して生き抜くためのもの。その働きは内臓や、ホルモン、体温調節、呼吸などを司っているのですが、唯一、呼吸だけが自分の意志で息を吸ったり、止めたり、呼いたりすることができる。ヨガはその呼吸をコントロールすることによって、生体の働きを調えようとするものです。

続きを読む...

ダイエットにはヨガの正しい呼吸が必要

気温の上昇につれてだんだん薄着になっていく女性の服装。

寒い時に溜め込んだ脂肪をそろそろ脱ぎ捨てるダイエット開始の季節です。

年齢が上がってくると、筋肉量が落ち、代謝が下がって、脂肪を燃やす力が少なくなってきます。

ろうそくが燃えるのは空気中に酸素があるからで、ろうそくに蓋をすれば酸素がなくなるので消えてしまう。それと同じように人間の身体も、脂肪を燃やすには酸素が必要です。

続きを読む...

5月は体調管理に気を付けましょう

大型連休が明けて、明日からまた仕事モードに切り替わる人が多いことでしょう。4月からの新しい変化での気の張りから一転して力が抜けると、また緊張状態へ戻るのを拒絶する本能が働いてしまいます。

もちろんこれは,生体を守るための防御システムの一つですが、それが強すぎると、心臓がはやく打ち出したり、呼吸が荒く苦しくなったり、冷や汗が出たり、電車に乗れないという症状が現れてくるかもしれません。

そのような時はヨガの基本の呼吸法がとても効果的です。

続きを読む...

ヨガで適応力を高めましょう

寒い冬が続いただけに短期間でのこの気温の上昇に身体がついていくのが大変です。

どれくらい環境の変化に適応できるか・・・。それが人それぞれの「生きる力」の元になる「適応力」。

ヨガの効果の中で最も重要なものが、この適応力の強化です。

続きを読む...

ヨガで足腰を鍛えバランス感覚を

高齢者の方で特に多いのが、つまづいて転んでの捻挫や骨折、膝の痛み、腰痛の発症、寝たきりへの助長です。筋肉は使わないと退化していくのが顕著なので、日頃からのケアが特に大切です。

続きを読む...

疲れを速やかにとり除くヨガの大きな効果

乗り物に乗る機会も、歩く機会も大幅に増えるこの季節に注意が必要なのが、腰と膝の痛みです。

長時間同じ姿勢で座っていると、腰の筋肉が伸びきり、又は緊張して委縮し、疲労して腰を支える力が無くなり、元のリラックスした状態に戻れなくなってしまいます。

続きを読む...

ヨガで自律神経を調えて真の健康を

ヨガの基本は、緊張と弛緩を繰り返して自分の意志以外で働いている自律神経の働きを調えること。

自律神経の働きが調えば、様々な変化に適応できる心身をつくることが容易になってきます。

続きを読む...

高橋ヨガ研究所ホームページをリニューアルいたしました。

ホームページ 大阪市上新庄駅近くのヨガ教室、高橋ヨガ研究所です。インストラクターの養成や、健康維持、心を安らかに保つ為のインド哲学、身体生理学、精神生理学に基づくヨガ・セラピー、整体法、アレルギーを和らげる浄化法や呼吸法、チャクラ冥想など、様々なヨガの体系を統括してヨガの素晴らしさをお伝えしています。

今後ともよろしくお願いいたします。

ヨガでダイエットするとリバウンドしにくい理由

ダイエットの基本は、消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくする事により、不足分のエネルギーが皮下脂肪が使用されて体重は減少する事になります。

続きを読む...

戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC